人を知る

働き方インタビュー

#01

住宅アドバイザー星野 佳那

お客様にとっての
「世界一の家」、
長く愛せる住まいをつくりたい

Q1.三山建設に惹かれた理由、入社を決めた理由は?

元々は、住宅会社で総務の仕事をやっていたので、設計の仕事をしていたわけではありませんでした。家の都合で当時の会社を辞めることになって知ったのが、三山建設の事務の仕事です。惹かれたのは、自然素材で家を建てている会社だという点です。前の会社でも自然素材を扱っていて身近でしたし、自分自身も既製品ではなく自然素材で建てられた家が好きでした。どうせなら、お客様に良いものを提供している会社で働きたいと思ったのがきっかけです。社長に面接してもらったときは、なんとなくアットホームな会社だなという印象でした。応募も多かったと聞いていましたし、世間話がほとんどだったので、落ちたかな?と思っていたんですが、すぐに内定のご連絡をいただいて嬉しかったです。入社してからは、前職で総務をやっていたということもあり、得意な書面仕事をやらせてもらっていました。自由にのびのびと働ける環境なので、得意な仕事をやりつつ、新しいことにも挑戦させてもらえるのは働いていて楽しいですね。

Q2.三山建設での仕事のやりがい・大切にしていることを教えてください。

バックヤードの事務仕事をずっとメインで行っていたのですが、最近になって、お客様とのお打合せ、設計を担当させてもらっています。お客様のご要望や、今の家の不満などをヒアリングしながら、プランを描いて詰めていくのですが、まだまだ勉強しなければならないことがたくさんあるので、正直言って大変です。でも、自分も家を建てた経験があるので、その経験からできるだけお客様の気持ちに寄り添って家づくりをしていきたいと思っています。営業しよう、契約してもらおう、とはあまり思っていなくて、ただその人のお役に立ちたいという気持ちで接客しています。家づくりって、不安なこと、わからないことがたくさんあると思うんです。だからこそ、真剣にお客様と向き合って、お客様の理想の家づくりをできるのはとてもやりがいがあります。プランひとつ描くのも、要望を全て詰め込めばいいというわけではありませんから、バランスをとりながら頭を悩ませながら書いています。そうやって、お客様のことを延々と考えながら描いたプランを喜んでいただけた時は本当に嬉しいです。

Q3.今後の目標を教えてください。

設計士としては接客を始めたばかりなので、日々勉強です。設計についてはもちろんですが、資金計画もとても重要なので、今はファイナンシャルプランナーの勉強もしています。お客様の不安をその場で解決してあげられるような知識を一日でも早く身に付けたいと思っています!家づくりの目標は、お客様にとっての「世界一の家」をつくることです。世の中には素敵な家がたくさんありますけど、「でもやっぱり自分の家が一番いいよね」とお客様が思えるような家を建てたいと思っています。帰りたくなる家、長く愛せる家がどんなものなのか。そのためにはお客様のお話をじっくり聞いて、優先順位をつけてあげないといけないですよね。お客様の理想の実現ももちろんですが、私が担当したからこその提案もいつかできるようになりたいな、と思っています。

  • 人を知る働き方インタビュー