人を知る

働き方インタビュー

#03

アシスタント高島 楓

人に恵まれているから、
未経験でもやりたいことに
挑戦できます

Q1.三山建設に惹かれた理由、入社を決めた理由は?

元々建築業界で働きたいとか考えたことは正直ありませんでした。三山建設に入社する直前は雑貨屋でアルバイトをしていて、それまでも飲食店などで働いていました。そろそろ正社員で働きたいなと思っていたときに親が募集の記事を見つけてきてくれたのがきっかけです。面接をしてくださった社長の印象も、仕事内容を説明してくれた部長の印象もすごく良かったので、ここなら頑張れそう、と思って決めました。実際入社してみて、デスクワークは初めてだったので不安ばかりだったんですが、皆さんが本当に優しくてストレスなく働けています。先輩が徹底的なOJTで側について色々と教えてくれるので、わからないことはすぐに聞ける環境。とにかくその先輩をお手本にして真似しているうちに、一通りの仕事はできるようになりました。四六時中立ちっぱなしの接客業と違って、仕事が落ち着いていてお客様がいらっしゃらないときは皆でおやつを食べたりする時間が取れたり、マイペースに仕事ができるのはすごくいいなと思っています。

Q2.三山建設での仕事のやりがい・大切にしていることを教えてください。

今の具体的な仕事は、公共工事の書類作成、資料請求の対応、お客様からの問い合わせ対応など、事務仕事が多いです。何しろ初めてのことだらけなので、楽しいとかやりがいとかはまだまだわからないのが本音。とにかく不安なことは自分で調べて、先輩に聞いて実践しています。最初は、電話対応での敬語の使い方やビジネスメールの書き方から調べて丁寧にやっていました。もちろん聞けば教えてもらえるのですが、自分で調べないとできるようにならないと思ってやっています。そういった自分で学ぶ姿勢を尊重してくれるし、いつも「何か困ったことはない?」と誰かが声をかけてくれるのでありがたいです。お電話やメールなど、お客様の初期対応をすることが多いので、電話なら明るく、メールなら失礼のないようにと言った小さなことでも、お客様が「いえラボ」に少しでも良い印象を持っていただけるよう心がけています。

Q3.今後の目標を教えてください。

仕事の面では、まだ先輩に頼っている部分が多いので今の領域の仕事を完璧にできるようになりたいです。自信を持って仕事をこなせるようになる、というのがまずは目標ですね。また、この仕事は完全に未経験の業界だったのですが、最近は街を散歩していると家のデザインに目がいきます。やっぱりいえラボの家はかっこいいな、と改めて思うことも多く、いつかは自分の家を持ちたい!と思うようになりました。どんな家がいいかはまだ決めていませんが、仕事を通して「自分が建てたい家」はどんな家なのか掴めたらいいなと思っています。この会社は、多分やりたいことに手を挙げればなんでも挑戦させてくれる会社。勉強しなくちゃならないことは山積みですが、私は動物が大好きなのでいつかは「ペットと暮らしやすい家」のプロデュースとかできたらいいなぁと密かに思っています。今が事務スタッフだからとか関係なく、いつでも色んなことにのびのび挑戦させてくれるのがこの会社のいいところだと思います。

  • 人を知る働き方インタビュー